『プラネテス』 おすすめ漫画の評価・感想・レビュー

『プラネテス』の感想

『プラネテス』は今から半世紀以上後のお話。2070年以降の人間と宇宙の関わりを描いた作品です。

 

Wikipediaからあらすじを拝借しました↓

時代は2070年代(2075年以降)。人類は宇宙開発を進め、月面でのヘリウム3の採掘など、資源開発が商業規模で行われている。火星には実験居住施設もあり、木星・土星への有人探査計画も進んでいる。毎日、地上と宇宙とを結ぶ高々度旅客機は軌道上と宇宙とを往復し、宇宙ステーションや月面には多くの人たちが生活し、様々な仕事をしている。しかし、長い宇宙開発の歴史の影で生まれたスペースデブリ(宇宙空間のゴミ。廃棄された人工衛星や、ロケットの残骸など)は軌道上にあふれ、実際にたびたび旅客機と衝突事故を起こすなど、社会問題となっていた。

 

また、地上の貧困・紛争問題は未解決のままで、宇宙開発の恩恵は、先進各国の独占状態にある。このため貧困による僻みや思想的な理由付けによるテロの問題も、また未解決である。

 

主人公のハチマキは宇宙で働くサラリーマン。主な仕事は宇宙のゴミ「デブリ」の回収作業。いつか自分個人の宇宙船を所有することを夢みている。ゴミ拾いは大事な仕事だと自分を納得させつつ、当初の夢と現実の狭間でこのまま現実を受け入れるか、それとも夢を追い求めるか思い悩む。

 

…最初、僕がこの漫画を知り合いに紹介した時「宇宙のゴミを回収する話」という説明をしてしまい

 

「なにそれつまんなさそう」

 

という顔をされた記憶があります。。

 

 

あくまで僕の解釈ですが、この作品は舞台が宇宙なだけで、実際に深く描かれているのは「宇宙との関わりを通した人間の心」だと思います。(こう書くとちょっと陳腐ですが。。)

 

主人公のハチマキは普段は一本気で強気な性格、自分の宇宙船を夢見る主人公っぽい男なのですが、物語の途中で何度も精神的に病みます

 

「空間喪失症」という宇宙空間で動悸などに襲われる病気にかかったり、宇宙の広大さに自分を見失って死ぬ寸前まで惑星に体育座りしてボーっとしたり…

 

大雑把に見えて悩む時はとことん悩む男です。

 

その彼を救ったのは同じデブリ回収船の新人クルーだった「タナベ」という女性で、二人が宇宙服を来て「しりとり」をしたシーンは強烈に覚えています。あまりにクサすぎて(笑)

 

 

「人は一人では生きていけない」

 

 

という言葉はどこかで聞いた事があるんじゃないかなと思いますが、作品を通して「そうだよなぁ」と納得せざるを得ない流れになっていたのが印象的でした。

 

あ、でもこれはあくまで僕の感想であって、読む人によって全然違う印象が生まれる作品だと思います。

 

僕も何度が読み返していますが、自分の状況や年令によって読んだ時に受けたイメージが少しずつ違っている気がするので。

 

 

後、作中に宮沢賢治ネタが豊富に散りばめられているので、彼の作品が好きな方はよりいっそう楽しめると思います。

 

僕は宮沢賢治は国語の教科書くらいでしか読んだ事がなかったのですが、宮沢賢治に影響を受けているバンプ・オブ・チキンは好きだったので、間接的に楽しめた感じがします。

 

この漫画を読んだ後でいくつか賢治の作品も読んでみましたしね。

 

 

 

なお『プラネテス』は紙の本で買うと710円ですが、電子書籍だと500円(500ポイント)で安く買えます。

 

『プラネテス』は電子書籍サイトのコミックシーモアで無料立ち読みが出来ますので、未読の方や興味を持たれた方はぜひ読んでみてください。

 

⇒コミックシーモアの詳細情報を見てみる


トップページ PCユーザーの方へ 危険サイトを解説 安全性に関するお話 よくある質問